ごきげんくらげ

くたくたOLの暮らし備忘録

うつになったときにすること 前編

こんにちは。coharuです。

前のポストがあまりにも徒然になってしまったので、少しでもみなさんのお役に立てるよう、わたしがうつ状態の休職期間中にやっていたことをまとめてみたいと思います。

うつの休職期間中にやったこと

わたしの実体験です。主治医やうつの先輩方のすすめも取り入れてます。

※括弧内は時期。休職開始は6月中旬です。

1. ひたすら寝る(6月中旬)

始めは、もうこれしかできないと思います。体が睡眠を欲しているといわんばかりに、1日中寝ていました。

2. デジタル遮断(6月中旬)

寝ているとき、電話やLINEで連絡が来るのがとてもいやで、常にスマホ電源off。 だだ、緊急のなにかがあると困るので、着信だけは3日に1度くらい確認していましたが・・・。

会社のメールも見ないと心に誓う、これ重要。(社用携帯は休職に入るときに取り上げられました) のちにSNS系のアプリも全部削除しました。見ると心がざわついてしまってダメでした。今は数人だけと古風にメールしてます。

3. 最寄りのコンビニに行く(6月下旬)

外出もままならなかった眠り姫生活が少し落ち着いたら、最寄りのコンビニに行くようにしていました。散歩(という距離でもないですが)と食料の買い出しをかねて。 気力がなくて身だしなみなんて整える気にならなくても、コンビニならまあどうにかなる。

*うつになったときの食事

ちなみにそれまでの食事は、食欲もなかったのでかなり適当、amazonグラノーラとかインスタントごはん、スープを注文し、お腹が空きすぎて気持ち悪くなったら食べるような生活でした。うつには食事が大事と言われますが、無理です。体がついていきません。

4. 洗濯、そうじ(6月下旬)

もともと家事は好きなのですが、うつになってからは、とにかく体を動かす全てのことがいやになって、できずにいました。 でも、一人暮らしだし、夏だし・・・。コンビニに行けるようになったタイミングで、週1回は洗濯機をまわす、クイックルワイパーするところから始めました。

5. マンガを読む(7月中旬)

寝てるかごろごろしてるかの生活にそろそろ飽きて、だんだん何かしたいなあと思えるようになってきます。私の場合は薬も効き始めました。

うつになる前は断然小説派、マンガなんて小学生の読み物だと思っていましたが、悲しいことにうつで活字が読めなくなりました。なので絵が多いマンガをと。webや電子書籍で読めますしね。食欲がなかったので、食マンガ読んだみたらと薦められ、素直に読んでみました。結果、マンガにハマりました。マンガとの出会いは、うつになってよかったことのひとつかも。

6. ドラマや映画を観る(7月中旬)

うつになる前から好きだったので、手始めに過去に何回も観ている好きな作品、邦画、慣れてきたら新規、洋画、というように難易度をあげていきました。こちらもwebで視聴。うつになったら、amazon primeに加入することをオススメします。(笑)

 

今回はここまで。次回後半です。

ではでは。